ギックリ腰は冷やす?温める?正しい対処法

こんにちは新潟市西区で慢性腰痛専門に施術をしている森整体院です。
突然腰に痛みが走って動けなくなるギックリ腰いざギックリ腰になった時温める方がいいのかアイシングで冷やす方がいいのか迷いませんか?
急性のギックリ腰は坐骨神経痛とは違い手や足首を捻った時の捻挫と同じです。
腰の捻挫なので筋肉や靭帯の炎症を抑える為に安静とアイシングが一般的ですが温めた方が早く治ると感じています。
患部を触った時に熱を持っている時は患部を冷やしてください。
患部に痛みはあるが触った時にそれほど熱を持っていない場合は温めた方が早く治る傾向にあります。
なぜ一般的には炎症=アイシングですが温めた方が早く治るのでしょうか。
アイシングは痛みの感覚を麻痺させているだけだからです。
人間の体は悪い部分があると自己治癒力が働き自然に治そうと勝手に働きだしてくれます。
炎症も体を修復する過程で起こりその時に痛みも発生してしまいます。
その為冷やすと自己治癒力が麻痺し治りが遅くなり温めると自己治癒力が促進されて治りが早くなるのです。
ただし冷やして痛みを麻痺させることができずに温めて自己治癒力が促進されるとさらに痛みが増えて激痛になることがあるので覚悟が必要かもしれません・・・
まとめとしてギックリ腰になって早く治すには
1患部を触って熱感の無い部位をホッカイロ等で温める
2患部に熱感がある場合は熱感のある部位を冷やす。
アイシングに比べて痛むかもしれませんが早く治ります。
ギックリ腰になったけど動かなければいけない時はコルセットの使用は有効ですが手元に無い場合の応急処置として身の回りの物を使って固定しましょう。
長袖のTシャツをグルグル巻いた後に袖をギュッと結ぶと安定感がでます。
その他にも風呂敷やバスタオル等腰に巻ける物ならある程度コルセットの代わりになります。
ギックリ腰になってしまったら仕方が無いと割り切って早く治す事に専念しましょう。