この痛みは坐骨神経痛?坐骨神経痛の症状と対策

こんにちは新潟市西区で慢性腰痛専門に施術をしている森整体院です。
あなたは今自分自身の症状が坐骨神経痛だと考えていると思います。
坐骨神経痛は腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などが原因で起こることが多いと言われています。
坐骨神経痛は病名ではなく「腰痛」や「頭痛」の同じように症状の一つでその原因となる疾患が違い疾患の種類や程度によって症状の現れ方や部位に違いがありますが坐骨神経痛を訴える人達が多く訴える症状を紹介します。
坐骨神経痛の共通している症状は腰からお尻、太もも、ふくらはぎにかけて走る坐骨神経にそって鋭い痛みやシビレが表れます。一部分だけ痛む時もあるし腰から足全体が痛む時もあります。
坐骨神経痛の特徴的な症状をいくつか紹介します。
・体を動かすと痛みやシビレが悪化する。
・痛む部分に冷感やダルさチリチリとした灼熱感等がある。
・歩くと激しく痛み歩行困難になる。
・座っているとお尻が痛くなる。
・立っていると足が痛くて立っていられなくなる。
・足に力がはいらない。
・足を触ると感覚が鈍い
・下半身の筋肉に左右差がある。
上記の症状に当てはまる方は坐骨神経痛の可能性があります。
痛みはあるけど忙しく病院等受診できない人の為に自宅で簡単にできるストレッチを紹介します。
*太ももの裏を伸ばすストレッチ
1片足を伸ばして座る。
2伸ばした足のつま先を両手でつかむ。
3息を吐きながら上体を伸ばした足の方に倒して太ももの裏を伸ばす。
4ゆっくりと元の姿勢に戻す。
*お尻の痛みを緩和するストレッチ
1両足を軽く伸ばして座る。
2片方の膝を立てて反対側の太ももにクロスさせる。
3立てた方の足をゆっくりと息を吐きながらお腹に向けて引き寄せていく。
4背筋を伸ばすとお尻の痛みの原因になっている筋肉のストレッチ効果が高まります。
あなたの症状は坐骨神経痛の症状に当てはまりましたか?
少しでも坐骨神経痛が疑われたらまだ大丈夫と思わずに早めに対処した方が予後も違います。
お体を大切にしてください。