腰痛の原因は股関節の異常かもしれません

こんにちは新潟市西区で慢性腰痛専門に施術をしている森整体院です。
腰が痛いので整形外科に行ったら異常無しと診断され後日違うところで診断してもらったら腰ではなく股関節の歪みが原因だとわかった。とうい事例がたびたび起こっています。
腰と股関節はあまり関係無いように思いますが神経は腰から足にかけて通っていますので股関節の痛みを勘違いして違うところの痛みに感じてしまうことがあるのです。
整形外科は基本的に痛いと訴えている部位しかレントゲン撮影をしませんし痛みのある部位を集中的に診察し腰なら腰、股関節なら股関節のようにみるために腰の痛みと股関節の異常を結びつけることは難しいようです。
股関節の痛みはある日突然発症するものではなく骨盤の歪みや筋肉の衰え等で長い時間をかけてゆっくりと発症していくものなので日常生活の中になにかしらの原因があると考えられます。
普段の何気ない姿勢や動作が股関節に負担をかけていることも考えられます。
また腰とも深い関係にあり股関節に問題がある人は腰が曲がっている事が多いです。いわゆる「猫背」という姿勢です。
猫背は骨盤だけでなく股関節にも負担がかかり動きも悪くなってきます。
また腰が曲がると膝にも負担がかかり腰痛だけでなく膝痛の原因にもなります。
なぜ股関節の異常は起こるのでしょうか。
人間の体はとても精巧に作られているのでわずかなことでも体調不良になります。
なのでわずかに骨盤が歪んでも足の付け根が骨盤の正しい位置に収まらず太ももの骨の動きが悪くなりそれに伴い股関節の動きも悪くなるので歩いたりかがんだりすると痛みや違和感がでてきます。
股関節は骨盤の中のくぼみの中で太ももの骨が回転運動をしているので歩いたりかがんだりできるのです。
骨盤が歪むとスムーズな回転運動ができなくなり足を前に出しにくくなったりつまづく、転びやすくなる等の症状が発生します。
骨盤の歪みは自分ではなかなかわかりにくく慢性的に股関節に負担がかかってしまいます。
腰が痛いのに異常無しと診断された場合股関節の検査もしてみてください。